NEWS 最新情報

最新情報一覧

プラ製マスク【MAMORU まもる】が日刊工業新聞に掲載されました

メイクがプラ製マスク 車向け成形技術生かす 【ウイズ コロナ】
【名古屋】メイク 倉知厚徳社長(0562-45-4680)は、プラスチック製マスク【MAMORU(マモル)】を製品化した。新型コロナウイルス対策として、自動車用樹脂部品製造で培った金型製作や射出成形技術を応用した。布製や不織布マスクと比べ飛沫防止効果が高い。価格は1628円(消費税込み)。
ネット販売を通じ、個人のほか医療や製造現場向けに、年内1万枚の販売を見込む。
 開発には名古屋市工業研究所も協力し、3Dスキャナーで人の顔の形を取り込んでデータ化した。
これをベースにメイクが設計、金型を製作、射出成形による量産体制を整えた。プラスチック製は飛沫を抑えるだけでなく、洗って繰り返し使えるため、使用済みマスクによる廃棄物の削減にもつながる。
 顔にフィットしやすいように内側にはウレタンのスポンジをつけた。市販の透明プラスチック板を貼り付ければ簡易フェースシールドにもなる。カラーは、白、黒、茶、オレンジの4色。
今後、カラーの追加や、子ども向けの小さいサイズの展開も検討する。
 同社は自動車内装用のプラスチック部品が主力。マスクが買えないという従業員の悩みを聞いて開発に着手し、構想から完成まで約1か月でスピード開発した。
 これまでに名古屋市や北海道に寄贈し、このほどネット販売を開始。繰り返し使え、マスクの備蓄も少量で済むことから「自分や相手、会社を守る道具として使ってほしい」(倉知社長)としている。

本日からMAMORUの販売を開始します

お待たせしておりましたプラ製マスクMAMORUをオンラインストアBASEで販売させていただきます。

プラ製マスク『MAMORU』のネット販売の準備を進めております。

感染の第2波など発生が想定される今 『 MAMORU 』
が少しでも大切な人との距離を近づけ、皆様方のお役に
立つことができればと願っております。

【 購入はこちらからお願いいたします。 】
       ⇓ ⇓
https://meiku2ndshop.official.ec/



飛沫予防プラスチック製ゴーグルマスクが中部経済新聞に掲載されました。

メイク、プラ製マスク開発
  飛沫感染予防に月産4万枚体制整備
 自動車内装部品メーカーのメイク(本社 名古屋市南区 倉知厚徳社長
電話(0562-45-4680)は、プラスチック射出成形技術を活用し、飛沫(ひまつ)感染防止
マスクを開発した。名古屋市工業研究所の協力で、人の顔の形状を3次元(3D)で計測。
そのデータを基に顔に合ったマスク形状を設計し、金型を開発した。
月当たり最大4万枚の量産体制を整えた。

 市経済局へ200枚寄贈
 同社は金型設計から射出成形までを一貫生産するプラスチック部品メーカー。主に
自動車内装部品を生産している。倉知社長は「新型コロナウイルスの感染が依然として
報告される状況から、飛沫を遮断できるうえに耐久性も高く、大量消費せずに済む
プラスチック製マスクを考えた」と開発の経緯を説明する。
 マスクはプラスチック製なので水分を通さず、飛沫感染の不安がない。顔とのクッションとなるスポンジを通して息もできる。倉知社長は「マスク本体もスポンジも夜に洗えば
翌朝には乾くので、繰り返し使える」と強調する。
 マジックテープで市販の透明プラスチック板を取り付ければ、簡易フェイスシールドに
なり、倉知社長は「好きなシールを貼ればデザイン性も高い」と使う人の遊び心にも訴求
する。価格は未定。
 このほど、最初の製品200枚を名古屋市経済局の難波信治局長に手渡した。
 贈呈式で、倉知社長は「どんな密接環境でも飛沫の不安がなく、経済活動の再開に役立つ
はず。医療用のマスクは本当に必要な場所で使ってもらい、一般の人はこちらを使えば
資源保護にもなる」と説明した。
 同社は1991年設立。従業員50人で年商13億円。生産・営業拠点は大府工場にある。

【 GW休業日 】のお知らせ

5月2日(土)~5月10日(日)まで
※5月11日(月)から通常営業

お気軽にお問い合わせください
Tel 0562-45-4680

平日8:00-17:00(土日祝祭日休み)