COMPANY 会社案内

会社概要

社名 株式会社 メイク (MEIKU CO.,LTD.)
代表者 倉知 厚徳
創業 平成3年
従業員数 47名(社員・パート含め):令和2年2月現在
資本金 1000万円
本社住所 〒457-0863 愛知県名古屋市南区豊2丁目34番2号
工場・事務所住所 〒474-0071 愛知県大府市梶田町1丁目23番地
TEL:0562-45-4680(代表) FAX:0562-45-4681
主な取引先企業
  • 昌和合成株式会社
  • 柳生ゴム化成株式会社
  • 株式会社ヤマコー
  • イイダ産業株式会社
  • 株式会社中外
  • ユケン工業株式会社
  • 株式会社豊和化成
  • 日進工業株式会社( 旧ニッシン精機株式会社 )
主な取引先銀行
  • 名古屋銀行 内田橋支店
  • 日本政策金融公庫 熱田支店
  • 商工中金 熱田支店
  • 第三銀行 徳重支店
ISO 9001 2018年6月29日 ISO9001-2015 更新

沿革

平成2年4月 倉知金型として独立開業
平成2年4月 有限会社メイクとして法人化(資本金300万円)
平成14年2月 愛知県東海市名和町に東海工場開設(金型部門移転)
平成15年6月 東海工場前に成形部門開設(DP管理部門)
平成15年9月 資本金600万円に増資
平成17年9月 株式会社メイクとして組織変更(資本金1000万円)
平成17年11月 愛知県大府市に新工場建設竣工
平成21年7月 ISO9001認証取得

経営理念

「メイク、人創り、物造り、信頼作り」この言葉には、株式会社メイクの"ものづくり"に懸ける思い・情熱が込められています。
経営の根底を支える理念であると共に、スタッフの心の拠り所となる言葉です。
メイクの"ものづくり"に懸ける思いについて、詳しくはスタッフの声をご覧ください。

書:馬場紀行(1959年生まれ)

ロゴマークについて

MEIKUの"M"をモチーフに、3つのフィールドとお客様との二人三脚を表現しています。

方針

30期 会社方針

創造作り(人創り、物造り、信頼作り)

会社の持続的な成長と全社員を物心両面において豊かにするため
方針と戦略を明確に立て一丸となり行動する

30期 グループ活動指針

製造グループ( 生産・金属加工・品質保証技術 )

お客様・仕入先様とコミュニケーションの場を増やしQCD情報を収集し、
常に最新技術を磨き、顧客満足向上につながる活動をグループ一丸で取り組むことでお客様からナンバー1の指名をいただく

経営戦略グループ

お客様への訪問機会を増やし、常に最新の情報を入手し新規商権獲得活動と最新技術を売り込むことでお客様からナンバー1の指名をいただく

メイクのものづくり

品質方針

お客様に信頼される最高品質をお届けするため、常に人材と技術を磨き、
創意工夫と継続的な改善により、安心・安全・安定の品質を提供する。

品質目標

お客様指名ナンバー1企業

2020年 テーマ

ONE-TEAM( 一丸で取り組む )

2020年 取り組み

思考の改善

言葉・表情・動作・イメージ・感謝の5つをプラスに転じる
一つ、 言葉をプラスに
二つ、 表情をプラスに
三つ、 動作をプラスに
四つ、 イメージをプラスに
五つ、 感謝を忘れずに

特許

AFU03 Automatic Fall Unit 03 自動落下ユニット

成形時の不安定落下を大幅に改善する「AFU03(自動落下ユニット)」。

意匠登録済み
意匠登録の出願番号

意願2008-9382
意願2008-9412

AFU03(自動落下ユニット)の特徴

特徴1 エジェクター板の作動を利用したカラクリ構造により外部動力が不要且つ安定落下を実現。
特徴2 アーム比1:3の設計により、作動ピンストローク10mmで落下突出しピンが約25mm作動。
※30mm-作動クリアランス
特徴3 突出しピン速度は成形機のエジェクタースピードの3倍で作動。
特徴4 取付板にユニット用開口部を設けることで、金型を分解しなくて済む為、外部より簡単に脱着可能。
特徴5 可動型固定の作動ピン(A)を外せば、容易に通常のエジェクターピンとして機能。

AFU03設置について

設置条件
  1. 型閉め前にエジェクター板を後退させる「後退スプリング」の設定
  2. 必要エジェクターストロークは、完成品「完全離型直後ストローク」+「ユニット作動分15mm」
  3. 取付板にユニット脱着用開口部を設ける。
  4. ユニット内部のアーム後退リミットとエジェクター板後退リミットを直列配線し、連動させる。
設置手順
  1. ユニット本体・作動ピン・回り止め・逃がし穴等の取付加工
  2. アーム及びエジェクター板後退リミットの配線・感知確認
  3. 成形条件出し時に成形品完全離型直後のエジェクターストロークを決定。
  4. (3:)+15mmを考慮してユニットのアーム作動面までの「作動ピン」取付。
  5. 成形時希望落下位置を成形機エジェクターストローク・スピードで設定。

製品仕様

AFU03 サイズ:40mm×85mm×38mm
ストローク:1~25mmまで調整可能
AFU02 サイズ:35mm×60mm×29mm
ストローク:1~15mmまで調整可能

組織図

アクセスマップ

名四国道(23号線)『有松インター』より自動車で3分
JR東海道本線『共和駅』より徒歩10分

お気軽にお問い合わせください
Tel 0562-45-4680

平日8:00-17:00(土日祝祭日休み)